馬場勝文陶工房黒釉急須[丸]

馬場勝文陶工房
黒釉急須[丸]

福岡県久留米市にて工房を構える馬場勝文陶工房。
陶芸作家 馬場勝文さんが作る陶器はどれもシンプル、だけれど個性がある。といった感じでしょうか?
釉薬まですべて手作りで作られており、陶芸にかける情熱・こだわりが伝わってきます。
生活のあらゆるシーンで長く活躍してくれそうです。

「長くシンプルに。」

馬場勝文陶工房では、この言葉を大切にしており、何とも商品と言葉がぴったりマッチしています。

急須(丸)[手前は白磁マット急須(丸)]

すべて手作りの急須。

陶芸作家 馬場勝文さんがつくる作品の中でも
特徴的なのが「木」と「陶器」を組み合わせた急須です。
持ち手のチーク材の削りから木と陶器の鋲での取り付けまで、
すべて馬場勝文さんが一つひとつ丁寧に作られています。
シンプルで個性の光る急須、釉薬も馬場勝文さんのオリジナルです。

黒釉急須(丸)02
黒釉急須(丸)03
黒釉急須(丸)04
黒釉急須(丸)05
黒釉急須(丸)06
黒釉急須(丸) 07

機能性を兼ね備えた急須。

茶ごしが付いた急須は水切れも良く、デザインだけでなく、使い勝手も抜群です。

黒釉急須(丸)06
黒釉急須(丸)07

おしゃれな木の持ち手。

持ち手の木はチーク材を使用しており、世界三大銘木のひとつとされています。
チークは造船木材として有名で、とても水に強く耐久性があり、高級木材として知られています。
陶器の質感とやわらかさ、木の色と木目がとてもマッチしています。
木と陶器は銅の鋲で取り付けています。

黒釉急須(丸)08

馬場勝文陶工房ロゴ福岡大学法学部卒業後、渡仏。帰国後、信楽窯業試験場小物ロクロ科研修過程を修了後、信楽丸十窯と信楽草土窯にて修行。2003年、故郷の福岡県久留米市にて独立。「長くシンプルに。」をモットーに情熱をもった作陶を続けている。評判が評判を呼び、多くの人を魅了しており、大変人気です。
馬場勝文作陶風景

工房におじゃましました。[工房訪問:馬場勝文陶工房]

【商品情報】
品名 黒釉急須[丸]
サイズ(約) W210(持ち手含む)、D130、H100mm、口径70mm
素材 陶器、持ち手:チーク材、鋲:銅
容量(8分目目安) 350cc(湯呑み約2杯分)
重量(約) 330g
塗装 木:無塗装

● ご購入の前に
・同じ商品であっても全てが作家の手作りのため、サイズ、重量、色合い、凹凸、形など個体差がございます。
それも世の中に二つとない商品の個性としてお楽しみください。
・サイズ、重量表記等は目安としてご参考にしてください。
上記のことをご理解の上でご購入をお願いいたします。

● 使用上の注意
・食洗器× 食器乾燥器× IHヒーター×
・持ち手は水に強いチーク材を使用しているため、無塗装でも十分お使いいただけますが、気になるようでしたら、植物性のオイルなどを塗るとより水に強く、商品を汚れからも守ってくれます。(オイルを塗ると材が濃くなることがあります)
・持ち手の木も洗剤で洗っていただいて大丈夫です。
・水の中に浸けっぱなしにしないようにしてください。

こちらの商品は在庫のみの販売となります。
発送日
:在庫がある場合は1営業日以内に発送いたします。在庫がない場合は次回入荷までお待ちください。
大変人気の商品で入荷数も少ないことから1日のご購入をお一人様1点までとさせていただきます。
黒釉急須(丸)01

馬場勝文陶工房
黒釉急須[丸]
7,560円(税込)

SOLD OUT

コロンとした形がかわいい陶芸家 馬場勝文さんの黒釉急須です。約2杯分のお茶が入れられます。おしゃれな急須は眺めているだけでも楽しくなります。