224porcelain(224ポーセリン)醤油さし、 ダイヤ彫 汁次

224porcelain(224ポーセリン)
醤油さし、 ダイヤ彫 汁次

肥前吉田焼のシンプルでおしゃれな醤油さし 汁次。

「224porcelain(224ポーセリン)」の醤油さし、ダイヤ彫 汁次です。
お茶所として、また日本でも有数の温泉地としても有名な佐賀県嬉野市で作られる陶磁器・肥前吉田焼。
「224porcelain(224ポーセリン)」はその小さな産地・肥前吉田に生まれた磁器のブランドです。
肥前吉田焼の開窯は今から400 年以上も遡ります。
ところが、地理的に佐賀の有田や長崎の波佐見に近いため、
それらの下請けとして吉田の名前はあまり表に出ることなく、長い間その技術を影で磨いてきました。
そのため、肥前吉田には有田の絵付けのような独自の”様式” というものがありません。
逆に言えば、「決まった様式のない自由なものづくりができる」。それが肥前吉田の特徴とも言えます。
224porcelainでは、長い歴史とその中で培ってきた技術を下地としながらも、
これまでの価値観にとらわれることなく、他にはない新しいものづくりを行っています。

汁次イメージ
汁次 醤油入れ

高級感ある食卓を演出する醤油さし 汁次。

スリムなフォルムは美しく、ダイヤ彫りの文様が高級感を演出します。
お酢入れやソース入れとしてもお使いいただけます。

汁次手持ち
汁次2

持ちやすい。

サッと醤油を入れるにはとても持ちやすいカタチです。
150cc(八分目を目安)入る大きさもお好みに合わせて調整できるので良いです。

永い歴史の中で磨かれてきた技術と様式にとらわれない自由なモノ造り。

代表であり作り手の辻諭さんは、与山窯6代目辻賢嗣さんの長男として、幼い頃から吉田の焼きものと美しい山々に囲まれて過ごしてきました。実家である辻与製陶所の細工人(ろくろ師)のもとで修行したり、有田の窯業大学校に通って技術や知識を習得し、ものづくりの現場に携わる中で、「この肥前吉田焼を埋もれさせることなく、もっとたくさんの人に知ってほしい。ここ(吉田)で焼きものをつくる意義を明確にしたい」との想いで、他にはない、新しいものづくりをしている。

作陶現場2
作陶現場3
作陶現場1

224ロゴ「224porcelain」は作り手の辻諭(つじさとし)さんが、2012年に立ち上げた肥前吉田焼の磁器ブランドです。永い歴史の中で培ってきた技術を下地としながらも、他にはない新しいものづくりをしている今大注目のブランドです。
【商品情報】
品名 ダイヤ彫 汁次
サイズ 105 × 55 H 110mm
容量 150cc(八分目を目安)
素材 磁器
備考 備前吉田焼

● 使用上の注意 及び メンテナンス
・磁器の特性上、若干のゆがみや黒い粒状の点が出る事がありますがあらかじめそれぞれの商品の特性としてお楽しみください。
・本商品は磁器製のため強い衝撃によって破損する恐れがありますので取り扱いにはご注意ください。

発送日:在庫がある場合は、通常17時までの決済完了で翌営業日以内に発送いたします。在庫がない場合は、発送予定日を改めてメールにてお知らせいたします。お急ぎの場合は、事前にご確認いただきますようお願いいたします。詳しくは[配送・送料について]をご覧ください。
汁次

224porcelain(224ポーセリン)
ダイヤ彫 汁次
3,240円(税込)

シンプルでおしゃれな汁次。
224porcelain(224ポーセリン)の備前吉田焼の汁次は醤油さしやお酢入れとしてご利用いただけます。150cc(八分目を目安)入る大きさもお好みに合わせて調整できるので良いです。