山只華陶苑 納豆鉢

山只華陶苑
納豆鉢

「山只華陶苑」加藤智也さんの納豆鉢

寛政六年(1794年)創業の山只華陶苑は、美濃焼の一つとして数えられる高田焼にこだわり代々すり鉢を作っています。
研究と鍛錬を重ね約9年の歳月をかけて完成させた「波紋櫛目(はもんくしめ)」のすり鉢は、グッドデザイン賞を受賞しています。
その窯の七代目 加藤智也さんによる納豆専用の器のご紹介です。

納豆鉢

機能性も併せ持つ美しいフォルム

食卓にあるだけで華やかになる美しいフォルムの納豆鉢。
納豆を流し込みやすくするために少し大きめの注ぎ口が付いています。
器の淵に納豆が広がらず、見た目も綺麗な状態で食卓に置いておけます。
美しい納豆鉢はドレッシングやちょっとした和え物の器としてもお使いいただけます。

納豆鉢
納豆鉢

ふんわり美味しい納豆

鉢の内側は、すり鉢と同じような溝が彫り込まれており、この凹凸が納豆と器の間に僅かな隙間を作り、混ぜる際に適度な空気が入り込み、ふんわりとマイルドな美味しい納豆になります。持ちやすく安定感があり混ぜやすいつくりです。

納豆鉢

納豆鉢に適した土「青土(アオト)」。

美濃焼の一角を担う高田焼は青土(アオト)と呼ばれる青い土からできています。青土は耐久性が高く、焼き上がると吸水性がほとんどなくなります。さらに土の特性からザラっとした質感があり、これが良い摩擦力を与え少ない回数でふんわりとマイルドなネバネバ納豆にしてくれます。

納豆鉢

2パック入るサイズ

市販の納豆が2パック入る大きさです。
薬味などの具材も一緒に入れて混ぜてもストレスなく混ぜられる大きさです。

納豆鉢

山只華陶苑ロゴ【山只華陶苑】
屋号『山只』。寛政六年(1794)、初代藤兵衛が、分家し『何も無いところから生み出す。』ということを意識し、己を戒める為に付けた屋号。『何も無いところから生み出す。』とは、窯に始まり、窯道具。すべてを作る事から始まります。『高田の土をよく知る事』、そして『独創と革新』。それが、歴代藤兵衛に引き継がれてきた哲学であり『山只』ブランドの原点。

加藤智也【加藤智也】
山只華陶苑 藤兵衛窯の七代目。グッドデザイン賞を受賞した波紋櫛目すり鉢をはじめ、国際的な陶芸コンテスト「長三賞展」大賞など、数々の展覧会で受賞する気鋭アーティストとしても活躍している。

山只華陶苑の作品一覧はこちら
工房におじゃましました。[工房訪問:山只華陶苑のすり鉢]

【商品情報】
品名 納豆鉢
サイズ(約) W126 × D97 × H90mm
重量(約) 305g
素材 陶器

● ご使用について
陶器は割れやすいので、お取り扱いに十分ご注意ください。
電子レンジ× オーブン× 食洗器× 食器乾燥器×

● ご購入の前に
・同じ商品であっても手作りのため、サイズ、重量、色合い、凹凸、形など個体差がございます。
それも世の中に二つとない商品の個性としてお楽しみください。
・サイズは目安としてご参考にしてください。
上記のことをご理解の上でご購入をお願いいたします。

発送日:17時までの決済完了で翌営業日以内に発送いたします。入荷待ちのご予約商品と合わせて購入いただいた場合は、全ての商品が揃ってからの発送となります。
納豆鉢

山只華陶苑
納豆鉢

3,850円(税込)

食卓にあるだけで華やかになる美しいフォルムの納豆鉢。納豆を流し込みやすくするために少し大きめの注ぎ口が付いています。